小4長女が溶連菌、微熱が続き長引いています

子供の病気

4月9日土曜日のお昼から熱が出始めた長女、5日たった今も微熱が続いています。かかりつけで「溶連菌」すでに診断されています。

【経過】
4/9(土)お昼過ぎ、37.8℃の熱が出始める。夜に39.0℃まで上がる
4/10(日)38.0℃台の熱が続くため、休日診療へ。インフルエンザ陰性。
4/11(月)かかりつけ医を受診。溶連菌と診断され、抗生剤を開始。熱は1日38.0℃台。
4/12(火)再受診。37.0台に下がってきたため、このまま下がったら翌日から登校していいと言われる
4/13(水)夜中に36.0℃台に下がるも、明け方また37.3℃と微熱

長い・・・わが家では長女だけが1度溶連菌にかかったことがあり、再発症ということになりますが、たしか以前もなかなか熱が下がらないとかそんなことがあったような。

スポンサードリンク

溶連菌とは何だ?!こんなに長引くものなのか?

さすがに、5日も熱が続くといつ治るのかと心配にもなるし、学校も欠席しているので勉強が遅れてしまうと不安にもなります。

一般的に、薬を飲めばすぐに症状が良くなると言われている溶連菌ですが、中には長引いてしまうこともあるらしいです。今回、溶連菌について少し調べてみたので、同じように長引いて不安になられている方に参考になれば幸いです。

溶連菌とは?

溶連菌は細菌の仲間です。この溶連菌が喉や皮膚に感染することで症状がでます。

流行時期

1年中見られますが、喉への感染は12月~3月頃に多く、皮膚への感染は7月~9月に多い傾向

潜伏期間

潜伏期間は2~3日。保育園、幼稚園、学校は出席停止になります。

症状

溶連菌の症状で代表的なものは、90%の割合で発熱(38~39℃)、そしてのどの痛みです。(ただし3歳未満では熱が出ないこともあるようです)

他にも、体に発疹ができたり、舌にイチゴのようなブツブツができたり(イチゴ舌)します。発疹が出た場合は、その後皮向けが見られることが多いです。

他にも、頭痛や腹痛、首筋のリンパが腫れたりなど。(かかりつけ医では、お腹が痛くなるかもと言われました)

検査

溶連菌かどうかは、のどの細菌を摂取して検査すればわかります。また、溶連菌の症状は特徴的だそうで、検査をせずとも溶連菌と診断することもあります。(今回、長女は検査はしませんでした。喉にブツブツができているのを確認して、溶連菌と診断されました)

溶連菌と診断されれば、抗生物質が効果があるので処方されます。溶連菌は完治させないとリウマチ熱や急性腎炎などの合併症を引き起こす可能性があります。

症状が消えてもしばらく飲み続けてしっかりと溶連菌を退治しなければなりません。(抗生物質により5日~14日)

症状はどれくらい続くの?

一般的に、溶連菌と診断されて抗生物質を飲み始めれば1~2日で症状が良くなります。出席停止期間も溶連菌については「治療開始後24時間が経過」したら通園・通学可能と書いてあります。(もちろん、熱も下がり元気になっていることが前提ですよ!)

ですが、今回わが家の長女は抗生物質を飲み始めてから3日目になりますが、37.0℃台前半の微熱が続いています。溶連菌は、抗生物質がバッチリ効くタイプと、効きにくくなっているタイプもあったりするようで、抗生物質が効きにくいタイプのものだと症状が長引いてしまうようです。

高熱の後に微熱が続くようで、まさに今回の長女の症状にピッタリ。

溶連菌についてのまとめ

溶連菌は、溶連菌という細菌が主に喉や皮膚に感染する病気。

抗生物質を使って治療し、1~2日で症状が改善され元気になることが多いですが、中には抗生物質が効きにくく微熱などが続くケースもあります。

子供の間では感染しやすいので、出席停止になります。

症状が治まったあとも、しばらくの間抗生物質を飲み続けてしっかりと溶連菌を退治することが需要です。きちんと退治しておかないと、再発や合併症を引き起こす可能性があります。



4月、クラス替えもありスタートしたばかりなのに。4年生ということもあり、お友達関係大丈夫かしら?と若干気にもなってしまいます。そして、保護者会など集まりが多いときと重なってしまい、私自身もぐったりです。

症状が出て5日目、抗生物質を飲み始めて3日目になります。早く良くなって元気に登校してくれればいいんだけどなぁ。やっと今週から幼稚園も通常通りに始まったと思ったのに、長い春休みです・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました