夏に気になるワキ汗やワキのにおいはどう対処する?おすすめ制汗剤を対処法

美容/健康

ムシムシと湿気が高く、べたつく季節になりました。こうなってくると気になるのがワキ汗やワキのにおい。気を付けていても、「あれ?私におっているかも?」ってことがよくあります。

ワキのにおいは絶対に周りに漏れたくないので、これからの薄着の季節のためにワキ汗対策を調べてみました!

4214b0931fe3e69a55c0fcee9c61c9a8_s

ワキ汗の原因

女性は、ホルモンバランスの関係で上半身に汗をかきやすくなっているんだって。それと、最近はワキを永久脱毛している人も多く、その時のレーザーなどの刺激で汗腺が刺激されてしまい、汗の量が増えるなんてこともあるみたいです。

また、ワキ汗を気にしすぎると、その緊張感でさらにワキ汗をかいてしまうという悪循環も。

ワキ汗は誰でもかくので、うまく対策をして快適に過ごせるのが一番です!

ワキ汗対策 制汗剤を使う

ワキ汗対策で一番使われているのが、制汗剤。制汗剤は、においの原因となる菌の繁殖を抑えるための予防策として使います。なので、すでに汗をかいている状態では効果薄!おすすめのタイミングは入浴後!夜のうちからしっかり汗を押さえて、翌朝にもしっかりと制汗剤をしていくとバッチリかも!

ネットで口コミのよかった制汗剤を紹介します!

デオナチュレ ソフトストーンW

「直ヌリ」制汗デオドラント売上第1位、シービック調べ(2014年8月末年間ブランド合計金額)
手軽にササッとぬれるワキ用スティックタイプ。リップクリームの大きい版のような感じ。直接ワキに塗ることで、有効成分がしっかりと密着して高い効果が期待できます!ワキガの独特のにおい自体をしっかりと抑えてくれると口コミも上々!


ピジョン 固形パウダー

固形タイプなので飛び散らず、フェイスパウダー代わりに使っている人も多いよう。お風呂上がりにワキに塗っておけば、汗を抑えてサラサラ感が持続します。


オドレミン

塩化アルミニウムと、グリセリン、水だけでできているのに効果抜群。特に汗を抑える効果が優れています。少量塗ればいいので、コストパフォーマンスも◎!

ワキ汗対策 食生活を見直す

食生活を見直すことは、体質改善につながるわけですが、汗をかきやすい食品といったものもあるようです。もしかしたら食生活を気にすれば、ワキ汗の改善につながるかもしれませんよ!

汗を抑える食品

大豆

c5867c7df7f12ead1d596aea81f02696_s

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをします。女性ホルモンは汗を抑える働きがあるので、効果が期待できます。納豆やお豆腐、枝豆、味噌汁など。

クールベジタブル

クールベジタブルとは、体の体温を下げる効果のある野菜のこと。夏野菜は特にクールベジタブルが多いですよね。キュウリやトマト、ナスなどがクールベジタブルの仲間です。

発汗をうながす食品

辛いもの

刺激の多い食品は、交感神経を刺激してしまうので汗をかきやすくしてしまいます。タイ料理や韓国料理はその典型。おいしいですが、汗が気になる方は気を付けましょう。

脂っこい物、甘いもの、脂肪分の多いもの

脂っこいものなど脂肪分の多そうなものは、肥満につながり汗かきにつながります。また、脂っこいものを食べてばかりいると、体臭もキツクなるので注意が必要です。

カフェイン

コーヒーや緑茶に含まれるカフェインも交感神経を刺激する物質です。

夏のワキ汗対策のまとめ

気になるワキ汗は、あまり気にしすぎてもよくないようです。食べ物など日ごろからの食生活などを注意して体質改善で対応できることもあります。

それでも気になる場合は、今は市販の制汗剤がかなり効果があるので試してみるといいですね。

ちなみに、いくらワキ汗やワキのにおいが気になるからといってゴシゴシをこするのは禁物!ワキの黒ずみの原因になります。やさしくなで洗いするようにしましょう^^

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました