【初めての石けん作り②】石けんの生地を型入れしました

ハンドメイド

DSCF3945[1]

石けんの生地を仕込んでから1日。石けんの生地が出来上がり、型入れを行いました。オイルの種類によってですが、今回はオリーブオイルのみを使っての石けんの生地作りだったので、仕込んでから1日寝かせました。

以下、記事完成から型入れまでの様子です^^

スポンサードリンク

初めての石けん作り 型入れまで

課程5:生地の色付け

DSCF3931[1]

石けんの生地完成後、型入れの直前に色を付けました。色つけをするには色々な素材で行うことができます。今回は、Cafe de savon楽天市場店で色材を購入してみました。

何色か作りたい色があったので、紙コップに記事を少しずつ取り分けて色付けを行いました。

Cafe de savon

カラフルな色材が色々あってきれいです。

課程6:マーブル模様の石けん作り

DSCF3938[1]

色付けで取り分けた残りの生地で、マーブル模様の石けんを作ることにしました。一度ボールの中に色のついた生地を入れて、それを型の中に流し込むんですね~。

あまり混ぜすぎるとマーブル模様ができなくなってしまうので、色の生地を混ぜてからゴムベラで一回ししたくらい。型に流し込んだ様子がこちらです↓

DSCF3945[1]

課程7:保温箱に入れて1日保温する

段ボールに入れて、それを毛布に包んで1日保温します。そして翌日は保温箱から取り出し、そのまま少し固まるまで置いておきます。気候などによって1日~1週間くらい。その後型出しになります。

今日の時点で、保温箱から出して3日目ですがまだふにゃふにゃとしていてすぐに変形してしまうので、型出しはできそうにないです。もうしばらくこのまま置きます。

初めての石けん作りで参考にした本


オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る―「お風呂の愉しみ」 テキストブック

初めて手作り石けんに挑戦する方におすすめ。オリーブオイルだけを使った石けん、マルセイユ石けん、最高に贅沢な石けんと3種類のシンプルな石けんの作り方が詳しく掲載されています。今回私たちもこちらの本を参考に、オリーブオイルの石けんに挑戦しています。




とっても簡単! 作って楽しい! はじめての手作りアート石けん

見ているだけで楽しくなる1冊。まだここまでのレベルに達していませんが、今後こういう石けんを作りたいなとかいう参考に。色付けの材料などが詳しく掲載されていて参考になりました。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました