足立区生物園のホタル見naight!に行ってきました!

お出かけ

2016-06-11 18.36.55

都内でもホタルを見ることができます。わが家もよく訪れる足立区の生物園もその一つ。「ホタル見night!」というイベントを6月3日~19日までの金、土、日の夜間(18時~21時)に行っています。

普段は、夕方17時(冬は16時)までの生物園ですが、年に数回夜間も開園していて、ホタルを観ることができるんです。

スポンサードリンク



日中の生物園は1度17時に閉園します。そして18時にもう一度開園します。

11日(土)に行きましたが、17時半からすでに列ができはじめ開園10分前に並び始めたあたりで100人くらいの列ができていたようです。

実は、幼稚園のお友達に誘われて前日の金曜日にも夜間の生物園に行ったのですが、10分前くらいからようやく人が並び始めた感じだったので、恐るべし土曜日!といった感じです。

で、室内でもホタルの展示を行っているのですが、目玉は生物園のバックヤードで自然と同じような環境の中でホタルが放たれているのを見ることができるミニツアーなるもの。

19時半から1回10分程度、定員15名。

こちらは開園後に生物園のなかで整理券をもらいます。そのためにもう一度並ばなければならないんですね、汗。

あっという間に整理券の配布は終了になっていました。8時40分の回で終わりなようですが臨時で8時50分の回もありました。

普段は見ることができない夜行性の動物や昆虫も見ることができる!

もちろん、目玉はホタルなんですが、蝶々の温室にも入ることができて、その中は日中とは少し様子が違います。

2016-06-10 19.01.38

夕方18時半ころ。すでに蝶々は眠っていました。大体同じ場所で寝るらしいですが、寝ているときは近くで手で仰いでもびくともしないという無防備さ。

それと、夜行性だという「ななふし」もいました。枝と一体化していてわかりにくいですは、これも夜しか見ることができない光景。日中は隠れて寝ているそうです。写真も撮ったのですが、その見た目が気持ち悪い(・・・と私が個人的に思っている)ので、掲載しないことにします、汗。

2016-06-10 19.46.03

あとはチンチラも夜行性で、日中では絶対に見ることがないくらいに飛び回っていました。

ホタルの感想

ホタルは真っ暗闇の中で光っています。スマホやちょっとした光も、ホタルの光の邪魔になるので禁止。というわけでもちろん写真も撮ることができません。

室内のホタルは、部屋の中央にホタルがいます。けっこうたくさんのホタルがいて、あちこちでピカピカ光っているのでとってもきれいです。その周りを歩いて見学します。

そして目玉のミニツアーですが、こちらは普段通ることができない生物園のバックヤードを通って裏口から外へでます。外の小屋に放たれているホタルを守るように、黒いシートで街頭などの光が入らないようにおおわれていました。

こちらは10匹ちょっとくらいしか放たれていないということで、ポツポツと光っている感じ。まさしく自然と同じ感じのホタルの光です。とても幻想的です。

一応、私は母方の祖母の家で夏休みに田んぼで光るホタルを見たことがあるので、自然のホタルも知っています^^

本当に5分程度のミニツアーなんですが、ゆったりとした時間でした。

生物園の夜間特別開演は6月19日(日)まで。毎年同じくらいの時期に開園しています。また、冬にも公園内のイルミネーション期間に夜間開園を行っている期間があります。その時にもたしか冬のホタルを観ることができたはず、です。

今週の土曜日は第三土曜日なので、足立区の施設の無料開放日です。生物園の方のお話だと、さらに混むことが予想されるそうです。覚悟してお出かけください、笑!

コメント

タイトルとURLをコピーしました