ランドセルラックはコンパクトなものでOK!わが家はカラーボックスを使用!

ベルメゾン

今年、わが家は末っ子が入学してついに小学生が3人になります。小学生が3人・・・ランドセルが3つ、邪魔だなぁ~( ゚Д゚)

長女だけが小学生の時は、ランドセル1個なんて特に邪魔とは思っていませんでしたが、次女が入学した時にランドセルを置くスペースを考えました。

スポンサードリンク

わが家のランドセルはロッカー方式で収納

school

ズバリ!わが家のランドセルは、学校と同じようにロッカーのように収納されています。

ランドセルラックを買おうかな~、とかランドセル専用の収納ボックスを買おうかな~、と思ったのですが、結局それも2個、3個と用意しなければならなくて場所を取ってしまうと考えました。

その時に、ちょうど使わなくなったカラーボックスの行き場を考えていて、何気なく入れてみたらランドセルの収納にぴったり~!ということで、カラーボックスでの収納に落ち着いています。

ちなみに、わが家のこのカラーボックスはホームセンターで購入したのですが、再購入しようと行ったところ製造会社が倒産してもう手に入らないようです。

ですので、調べましたよ~。ランドセルを収納するのに、内側の幅が29センチ、奥行29センチほどあれば収納できます。普通のカラーボックスだと横幅がもう少し広いので、ちょっとスペースが無駄かなと思うので、幅省スペースでランドセルラックにぴったりそうなカラーボックスを探してみました。

ベルメゾン

スペースユニット幅35cm

ナチュラルカラーとホワイトの組み合わせで、シンプル。幅が35センチなので、普通のカラーボックスよりも5~6センチ弱くらい横幅が短いです。

小学生1人なら、1番上はティッシュや給食袋などを置くスペース、2段目にランドセル、3段目は教科書など、と使い分けてもいいですね~。3人で3段あればランドセルはとりあえずこれで置き場確保です。

配色カラーボックス

こちらもベルメゾンの商品。幅は普通のカラーボックスと変わりませんが、カラーなので子供部屋が明るくなりそうです!

アイリスオーヤマ

スペースユニット

こちらはアイリスオーヤマ製。カラーボックスではなく、スペースユニットという名前で販売されています。幅も15cm~5cm単位で選ぶことができ、わが家では幅25cmのスペースユニットを本棚として利用しています。

学用品について

教科書

1年生の教科書はそれほど多くありません。算数や国語はほぼ毎日授業があるのでランドセルに入れっぱなし、また理科と社会は現在”せいかつ”として一つの教科となっているので、その分教科書も減ります。音楽や図工に関しては、学校に置きっぱなしなどで、わが家に関していえば、毎日教科書を入れ替えて持っていくなんてことしてないんです。

ですから、もし置いていく教科書があれば、ランドセルの上に乗せて置き、朝ランドセルを背負った時にはそのスペースに置いてあるという状況です。

長期のお休みの時の荷物

一番頭を悩ますのは、長期のお休みに持ち帰る、お道具箱や習字道具、防災頭巾といった大物。とりあえず、押し入れの中にそういったものをひとまとめにしておいてあります。収納というより、わからなくならないように突っ込んでおく感じ( ;∀;)

あちこちに置いてしまうと、新学期に絶対にどこに置いたのかわからなくなってしまうので、まとめてここ!という場所を作っておくことをおすすめします。

ランドセルラックを検討している方へ

ランドセルラックの購入を考えている方に、少しアドバイスがあります。

ランドセルはけっこうな重さになります。なので、背の高いランドセルラックは低学年の子だと自分で置けないということになってしまうかもしれません。

高くても、子供の胸の高さくらいの場所にランドセルが置けるようなランドセルラックがおすすめだと思います。

▼こんなランドセル収納ボックスもいいかもしれませんね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました