2016冬のクロックスのブーツはレイ シンセティック スエード シューティ

通販サイト

2016年新作のブーツ、leigh synthetic suede wedge shootie w(シンセティック スエード シューティウィメン)をcrocs(クロックス)さんからモニター品としていただきました。

実は私自身の初crocs(クロックス)なんです。

欲しいな~と思ったりすることもあるのですが、なんとなく手を出せずにいたのでモニターさせていただくなんてとてもうれしいです。

しかも今年新調したいと思っていたブーツです。

レイ シンセティック スエード シューティの詳細

レイ シンセティック スエード シューティは、ブーティーとシューズの中間の長さで”シューティー”!

衝撃を吸収するPUウェッジとラバー素材のアウトソールの上にフットベッドを使用しているので、クッション性があって履き心地もよいのが特徴です。

見た目はとてもスリムなデザイン。実は私の足は横幅が広めなので、はじめ届いたときには「あれ?これ履けるかな?」といった印象だったのですが、そんな足幅広めな私でも、脱いだり履いたりはとっても楽々です。紐の編み上げタイプになっていて、特に横にファスナーなどもついていないのに、そのままスッポリです。

快適なフィット感の「スタンダードタイプ」

クロックスには、履き心地が”ゆったりタイプ” ”リラックスタイプ” ”スタンダードタイプ”と3段階あって、レイ シンセティック スエード シューティは「スタンダードタイプ」になっています。

衝撃を吸収するPUウェッジとラバー素材のアウトソールの上にフットベッドを使用する「デュアルコンフォート」で、2層のクロスライト素材でダブルのクッション性が実感できる履き心地です。

スッキリとしたシンプルな見た目、そしてスエード調の素材なので、カジュアルにもきれい目スタイルにもピッタリです。

こんな風にデニムと合わせても、カッコいい!スカートにも合わせやすく、どんなスタイルでも合わせやすいです。

普段、子供を連れて歩くことが多いのでついついヒールを避けてしまっていますが、レイ シンセティック スエード シューティはほどよいヒールの高さで安定性もあって軽く歩きやすいです。ちょっと履き口が堅めなので、歩いているうちに足首がすれることを心配もしましたが、全然大丈夫でした。

普段の靴のサイズが24.0で、クロックスサイズW8でぴったりでした。

ブーツとシューティーの間のブーティーってことで、冬にから春先までヘビロテできるアイテムだと思います!

>>レイ シンセティック スエード シューティの購入はこちらから!
icon

クロックス オンラインショップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました