ディズニー映画「実写版シンデレラ」を観てきました!

映画/DVD

写真

子供たちと、4月25日に公開したばかりのディズニー映画「実写版シンデレラ」を劇場で観てきました。子供たちは、同時上映のアナと雪の女王の短編「エルサのサプライズ」を楽しみにしていたのですが、調べてみるとエルサのサプライズは上映時間わずか7分。

直前まで行くかどうか迷っていましたが、映画館で映画を観ることもできるようになってきたので、たまにはアニメではない映画もいいかな?と思って連れて行ってみました。

スポンサードリンク

まずは、アナと雪の女王「エルサのサプライズ」から

連れて行ったのは、小3の長女、小1の次女、年中の三女、そして年長の従姉妹。

まず先に始まったアナと雪の女王「エルサのサプライズ」は食い入るように観賞。前作のようなしっかりとしたストーリーというものではなく、本当にショートストーリー。

ただ、アナと雪の女王らしく、ミュージカル要素もあります。全体的にコミカルな感じで笑って軽い気持ちで見ることができる作品でした。

前作とは違う衣装も素敵でしたし、エルサの新しい一面も見ることができた、そんな作品だったと思います^^

続いて、本編の実写版「シンデレラ」

正直、シンデレラの実写版?「えー、どうなんだろう?」ってのが本音でした。

もちろんシンデレラのストーリーは知っていますし、アニメの実写版というと期待外れなものも多かったのであまり期待せずに映画を観ました。

でも実際に観てみると、内容はストーリーこそシンデレラではありますが、私が知っているシンデレラよりももっと素晴らしいストーリーだったように思います。

見た目の美しさだけではなく「優しさ」と「勇気」を持つシンデレラ。まさにディズニー映画のプリンセス。子どもだけでなく、大人もストーリーに入り込むこともできましたし、動物たちとの関わり、王子様との出会い、魔法、舞踏会・・・女の子の憧れがぎっしりと詰まっていてキラキラとして心が温かくなりました。

映像も、壮大で素敵でした。魔法がかけられるシーンも本当にイメージ通りに描かれていましたし、シンデレラのガラスの靴が脱げてしまう階段も「うわぁ~♡」と。ディズニープリンセスのお城と言えばシンデレラ城ですが、そのお城も豪華絢爛でイメージを裏切りませんでしたし、魔法が解けてしまうシーンもハラハラドキドキさせてくれます。

また出演者もよかったですね。

シンデレラ役のリリー・ジェームズ、彼女はイギリスの女優さんで26歳。シンデレラ役に抜擢されて一躍注目を浴びる女優さんになったようです。来年は舞台ロミオとジュリエットのジュリエット役にも抜擢されているそうです。日本語の吹き替えは、高畑充希さんでしたが、個人的な感想としてはちょっと違和感があったかな?

王子役はリチャード・マッデン、彼はイギリスの俳優さん、28歳です。格好良かったです。初めてシンデレラと出会って見つめあっているシーンなんか、ドキドキぢちゃいました(#^^#)

そして意地悪な継母役は、ケイト・ブランシェット。まさに適役という感じでした。この方のおかげで、継母への憎さが増して観ることができました。なぜ継母がこのようになっていったのか、にも映画の中で触れられているので見どころですね。

これからご覧になる方もいるでしょうし、詳しい内容は避けたいと思いますが、アナ雪観たさに行った映画でしたが、アナ雪以上にどっぷりとはまり込んで観てしまいました。ストーリー知っているから、と思っている方でもかなり楽しめると思います。

映像がとても素晴らしくきれいですから、ぜひ実写版シンデレラを映画館で観て楽しんでいただきたいです^^

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました