結局のところ、マイコプラズマ肺炎だけだったらしい

子供の病気

長女の欠席が続いています。

9日(土)から熱が出始めて、今日で10日。熱は14(水)にすっかり下がったのですが、マイコプラズマ肺炎特有というのでしょうか?咳がしばらくひどかったです。

15日(金)までは、我慢して苦い薬(錠剤が飲めず、粒を飲むなら苦いのを我慢して粉薬がいいというんですよ・・・)を飲んでいたのですが、16日(土)にはついに「薬を飲みたくない」と泣き出しました。4年生です、汗。先生の前でも泣き出してしまいました。

その結果、3日間はマイコプラズマ肺炎に効く抗生剤を飲んだし、もともと5日間くらいが限度の薬だったので、もうやめて本人の治癒力に任せようかという話になりました。ただ、その代わり点滴はしていってね、と。

苦い薬を飲むよりも、痛い点滴の方がいいんですって。

看護師さんにも、「痛い方が我慢できるなんて女子だね!」なんて笑われていましたが~。

インフルエンザなどで1週間ほど学校をお休みすることはありましたが、薬が効いて元気な状態でお休みしてばかりでした。今回はずっと体調がスッキリせずにいたので、気持ちも落ちてっしまったようです。そういうこともあって、薬も嫌になってしまったのかも。

顔は暗いし、日中もゴロゴロしてウトウトして。

かわいそうだな~、と思いながらも「疲れた~、疲れた~」とぼやくので私もついイライラしてしまいました。

ただ、このタイミングで救いだったのが、お友達がお見舞いに来てくれたこと!今年クラス替えがあり離れてしまった仲良しさん。「大丈夫?いつから来れるの?」に、「月曜日には行けそう!」と元気に答えたみたいです^^

そこから、一気に顔が明るくなって、昨日の日曜にはいつも通りに妹たちと元気に遊んでいました。遅れている分の漢字のドリルなんかもやってみたりね!

今日も朝から病院です。もしかしたら今日こそは登校許可が出るんじゃないかなー?と思いますがどうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました