生まれて初めて献血に行ってきた!in越谷レイクタウン献血ルーム

美容/健康

韓国フェアをやっていたのと同じ日、レイクタウン内にある献血ルームで人生初の献血に行ってきました。

まだ子供が生まれる前に何かの機会に血液検査をした時に「積極的に献血をしてほしい血液です!」と言われ、いつかは献血を・・・と思いながらも、長い月日が経ってしまっていました。

今回、献血をするきっかけになったのは、一緒にお買い物へ来ていたお友達。定期的に献血をしている人で、毎回献血に行った話を聞いていたのですが、「今日、やろう!!」と誘われて思い切って行ってきました。

スポンサードリンク

越谷市レイクタウン内にある献血ルーム

今回、献血を行ったのは越谷市のレイクタウン内にある献血ルームです。
ショッピングモール内になるので、お買い物のついでに立ち寄れるのがいいですよね~。

レイクタウンには何度も来ていますが、献血ルームの前まで来るのも初めてです。献血常連のお友達、そして子供たちと一緒にいざ献血ルームへ足を踏み入れます。

献血ルームの中は、とっても明るくて清潔感があふれる感じ。ソファーがたくさんあって何だかリラックスできそうです。それと、待ち時間に読む用の漫画本がたくさんありました。子供用の絵本も充実していたので、子連れでも安心。

そして、話には聞いていたけどジュースが飲み放題!!

コップで出てくる式の自動販売機が2台あって、コーラやカルピスソーダ―などの炭酸飲料や、果汁ジュース、コーヒー、ココア、お茶などたくさんの種類が好きなだけ飲むことができます。

これには子供たちが大喜び!!(いや、そのためのジュースではないんですけどね)
ほかの献血ルームでは、アイスが食べ放題ってところもあるみたいですよ~。

初めての献血、受付から終了までの流れ

お友達はさっさと受付をして、献血のスタンバイへ。

私はというと、まず受付で名前や住所、身長、体重といった基本的なことを記入。そのあと、カウンターにあるタブレットで入力情報が間違っていないかチェックし、献血の注意事項を確認していきます。その後、ポケベルのような電子機器とぬるいアクエリアスを渡され、初めての献血ってことで首からネームプレートのようなものを下げます。そして血圧を測り、そのまま待合室で待機します。

初めての献血なので200mlでいいかなと思って○をつけたら、体重が50キロ以上の方には400mlをお願いしていますって言われてしまいました、笑!

もらったぬるいアクエリアスを飲みながら待合室で待っていると、手元の電子機器がなり液晶画面に「シンサツシツ2ヘ」と表示。ここで、医師に「今日は体調がよいですか?」とかいった簡単な質問を受け、その後献血前の血液検査を行いました。

まず、血液型を調べます。自分で血液型を調べたことはないし「わたしはA型だ!」と思って生きてきたのですが、まさかのO型だったらどうしようとか思ったりしながら検査しましたが、やっぱりAでした!

そして、貧血がないかとか簡単な検査をします。

ここで数値が低かったりすると、献血の量を減らされたり献血自体ができないということになるんでしょう。この日、献血常連のお友達は貧血の数値がギリギリだったみたいで200mlの献血だったと言っていました。ちなみに私はかなり優秀な血液(笑)ってことで、しっかり400mlの献血に決定~。

そしていよいよ献血です。

また電子機器がなって液晶画面に「ケンケツへ」の文字。歯医者さんの診察台のような椅子がずらっと並んだ1つに座ります。とっても丁寧な対応をしてくれる看護婦さんが、色々と説明してくれました。

左手に消毒をして、いざ針をブスリ!普段採血している針よりも献血の針は太いそうですが、チクリとするのは針が入るときくらいで後は全然大丈夫でした。

15分くらいかけてゆっくりと血を抜き、その間は看護婦さんとお話をしたり、診察台に設置されているテレビを見て過ごしたり。けっこうあっという間に終わりました。

採った血はそのまま献血に使えるようにパッキングされていました。「触ってみますか~?」と看護婦さんに言われたので触ってみると、まだ生暖かい私の血液。

これが困っている誰かのお役に立つのですね~!

献血後、診察台の上で血圧を測りましたが、こちらもまた異常なし。献血中も変化なく、無事に終わりました。

初めての献血のまとめ

初めての献血で一番ドキドキしたのは、右も左もわからない状態で献血ルームに足を踏み入れるときでした。入ってしまえばスタッフがきちんと説明して誘導してくれるので、安心できました。

元々、採血をしたりするのに抵抗があるタイプでもなかったので、実際に献血するときに緊張するとかそういうこともありませんでした。献血中も、その後も、献血前のまったく変わりなく終わりました。

一度献血をすると、4ヶ月は次の献血ができないそうで、多くても1年で3回しかできないんですね。1年に3回だったら、継続的に協力できそうだなと思いました。

ちなみに、献血って誰でもできるわけでないのでご注意を!

献血ができない人

  • 当日体調不良の人
  • 当たり前ですね( ;∀;)

  • 歯科治療をした人(歯石除去も含む)
  • これは引っかかりそうです。3日以内とか決まりがあります。

  • 予防接種を受けた人
  • 予防接種の内容によって、献血を受けられない期間があります。

  • 6ヶ月以内にピアス、入れ墨をした人
  • 特定の病気にかかったことがある人
  • 海外に行った人
  • 場所や期間などによって違いますので確認をしましょう。

  • 輸血歴がある人
  • エイズや肝炎などの保菌者、疑いの人
  • エイズの検査目的の献血もダメです。

  • クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)の方、またはそれと疑われる人
  • 妊娠、授乳中

献血のメリット

献血をすることで、社会貢献になります。自分自身には、献血で採った血で血液検査を行ってもらえるというメリットがあります。

献血は思っているよりも簡単なものであると思いました。もっと早くから始めておけばよかったです。
次回は2月の終わりに献血ができるようになるみたいなので、ショッピングついでにまた行ってみようと思います^^

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました