七田式の7+bilingualを三姉妹で始めました~!

子育て

img_3935

”幼児教育の七田式”といえば小さいお子さんがいるパパママは一度は聞いたことがあるかもしれませんね。そんな七田式には家庭でできる「7+bilingual(バイリンガル)」という英語教育教材があります。

実は11月の初めから、七田式の英語学習教材「7+bilingual」をわが家の三姉妹が実践中です。

7+バイリンガルの詳細

7+bilingual(バイリンガル)では、「35日完結バイリンガル英語脳完結プログラム」という教材。35日で英語をペラペラと話せるというようなことではなく、35日間勉強していくと自然と英語のフレーズを口に出すことができるようになる、といった感じです。

他の習い事などもあるので、英語の学習が自宅で簡単にできるのはうれしいです。今回10日目あたりまで教材が進んできたので、ここまでのレビューをしてみたいと思います。

7+bilingual(bilingual)の教材について

img_3977
7+bilingual(バイリンガル)は、CDをかけ流してヒアリングとスピーキングを行う教材です。教材は日本人の女の子が世界一周旅行で様々な国を訪れるストーリー仕立てになっています。

1日の学習はすべて”①日本語のストーリー” ”②英語のストーリー&3倍速&リピート” ”③レビュー(3日前からの復習)”となっていて、CDもすべて3つのトラックだけきけばいいように構成されています。

img_3958

テキストは右のページに日本語、左のページに英文がかかれた”英文テキスト集” 小さいお子さんでも楽しくお勉強ができるように”イラスト集” そして”ぬりえ”も付属しています。

わが家では小学生の娘は、CDを聞きながら英文のテキスト集を、幼稚園の三女はイラスト集を見ています。イラストがとてもポップな感じで、子供も眺めては楽しそうにしています。

また、教材の使い方マニュアルもあるので、勉強を始める前にしっかり読みます。字がびっしり書いてあるようなものではなく、さらっと読めるので安心してください(*^-^*)

7+bilingual(バイリンガル)10日間のレビュー

img_3956

1日目

あえて子供たちに「今から英語のお勉強するよ!」とは言わずに、CDをいきなりかけました。まず反応したのは年長の三女。3倍速の英語が流れたときにおもしろい!と言って聞きにきました。そのあと次女もついでに聞きに来た感じ、笑。長女については初めから英語を聞く体制ができています。さすが。

初日は2回かけ流して、勉強の仕方も確認しました。

2日目

放課後は習い事などもあるので、2日目から朝食の時にかけ流すように。食べながら聞き、着替えたり髪の毛を結わいているときにリピート。いきなり長いフレーズはもちろんリピートなんてできませんが、”OK.Let’s go!”とか簡単なフレーズは三人で楽しそうにリピートしています。

3日目

3日目には、「CDかけてー」と子供たちのほうから言い始めました。英語を聞くことが楽しみになっている様子。勉強をしているという感覚はあまりないようで、英語が流れたら聞こえた感じでリピートしています。長女はしっかり、次女は気が向けばリピート、三女は相変わらず3倍速に興味深々。

4日目

この日のストーリーは大リーグの観戦。試合中のような音(歓声やホームランの音)も流れているので、子供たちもストーリーに引き込まれている様子です。ストーリーがわかりやすいので、飽きずに聞けているようです。4日目から七田式の400%学習が本格的に。(400%
学習とは、3日前からの復習をする学習方法)

5日目

会話の1つ1つがけっこう長めでした。ストーリーもナイアガラの滝の話しだったのでストーリーを理解するのも難しかったかもしれません。英語を聞き取るも大変そうでした。ただ、お話の最後に「ディズニーランドのアトラクションよりスリルがありそう!」という一言が出てくるのですが、ディズニーランドはしっかり聞き取っていました。

6日目

6日目からアメリカからブラジルへ移動です。ビーチでのお話でした。会話もポンポンとリズムよく進む感じで、フレーズも短めでリピートしやすかったようです。ただ、学習の最後のレビューが3日前からの復習になるので、けっこう長く聞くことになり、三女は途中で飽きてしまうことも多いです。

7日目

CDを聞き始めて1週間。毎朝英語を聞くのは習慣になってきているようです。私のほうが前日どこまでやったのかを忘れてしまって、今日は何日目からだと子供に教えてもらうしまつ。子供たちと一緒に聞いてきてみて、3日前からの復習の400%学習はよく考えられていると実感。なんとなくだけど、フレーズが頭に残っているので口に出しやすくなっています。子供たちはまだ英語を聞くことに一生懸命ですが。

8日目

話のストーリーによって、子供たちの集中度がまた違います。熱帯雨林でキャンプのお話でしたがあまり興味なかったのかな?さらっと聞き流して終わってしまいました。

9日目

1日学習を飛ばしてしまっての9日目。1日空くと、朝英語を聞くこともうっかり忘れてしまいそうになります。まだしっかり朝学習が定着したという感じではないとわかりました。聞き始めるのもいつもより遅かったので、途中で立ってしまったり集中して聞いていませんでした。が、とりあえず耳にちょっとでも残ればと思ってCDはかけ流すようにしてます。CDだからもう一度聞き直すことができるのもいい点です。

10日目

リオのカーニバルのストーリー。子供たちの反応もなかなかよかったです。10日間聞いてみてきて、都会的なシーンの内容のほうが食いつきがいいかも~。南米のジャングルやキャンプの話は反応が薄かったです。10日間聞いてくると、その日の学習以外のも「大リーグのところが聞きたい!」とか、自分で聞いてみたいところが出てきます。

7+バイリンガルの詳細

7+bilingual(バイリンガル)10日間のまとめ

まず10日続けることができました。10日続けてくると、次にどこに行くのかが楽しみなようです。特に長女は、最後に登場する日本のストーリーを楽しみにしています。まず1週目なので1日目から順番に聞いていますが、子供の聞きたいところから聞いていっても大丈夫な教材になっています。

小4長女は公文英語をやっていることもあって、知っているフレーズはしっかりと言えています。公文英語はイーペンシルというものを使って英語を聞いて発音する練習もありますが、どちらかというと読み書きに重点が置かれているので、7+bilingualは聞く話すを補ってくれているように感じます。

小2次女はあまり英語に興味がないようですが、CDを聞いていることは好きなようで何も言わずに聞いています。たまーに真似して口に出していることもありますが、リピートすることにについてはまだまだ。

5歳の三女は、イラストを見ながらなんとなく聞けているようです。まだ聞き取ることもほとんどできていないので、OKとか本当に簡単な一言くらい真似しているくらい。

ただ、お話の内容は世界中の観光名所や自然のことがテーマになっているので、実は英語が話せるようになるだけではないんじゃないかなと思います。アメリカの自由の女神のストーリーの後に、ちょうどテレビで自由の女神が映っているのをみて、冠のところに窓が25個あるとか、そこまで行くのに337段の階段を上らなければいけないとか、そんなちょっとした知識も身に付きます。

英語自体については、まだまだ。英語を聞くことには慣れてきてますが、発音練習をもっとしっかりやらないと英語を話せるようになるには程遠いかもしれません。

11日目以降も引き続き頑張って進めていきます。

7+バイリンガルの詳細

コメント

タイトルとURLをコピーしました