学校公開で子供の授業の様子を見てきました!

子育て

18fefd66e684003e597da1252104af12_s
子どもの学校の学校公開へ行ってきました。

学校公開っていうのは、授業参観とはまた違って、その学校を知ってもらうために近所のや学校に入学する予定の人なども、学校へ行って学校の様子を見ることができる、そんな制度。だいたい1週間ほど毎日あります。

もちろん親も授業を見に行くことができるので、空いている時間だったり、見たい教科などは見に行くことにしています。

スポンサードリンク

小1次女、授業の様子

次女が1年生になって初めて、授業の様子を見に行きました。

この日見た授業は、算数と生活。算数は、算数ブロックを使っての足し算の入口の部分でした。席が一番後ろなので、やっていることがよく見えるんです。

幼稚園時代から、やることがちょっとみんなより遅めの次女。算数ブロックを出して5と3に分けて、合わせていくつ?ってことをやっているのに、みんなが5と3に分け終わって合わせて数えているときに、まだ5個分の算数ブロックが出せていない・・・。

結局、5個のブロックを出し終えた時にはすでに8という答えが出ちゃってて。

大丈夫かしら?とちょっと心配になってしまう様子を見てしまった。い、いや、見ることができてよかった。自宅でも少し一緒に算数のお勉強をしてあげないとダメだなぁ~、と。

生活科は、近所の図書館の人が来て、図書館の利用方法とかみしばいを読んでくれていました。1年生からは図書館のカードも自分のものを持つことができます。ウチはまだ次女の分を作っていないんだけれど、授業中に振り返って「まだ持っていない、早く欲しい!」アピールをしてました(´・ω・)

小3長女の授業の様子

小3の長女の授業の様子も見てきました。

授業は理科と総合。

理科では、今、ほうせんかを植えて育てているそう。しかしなんと、長女のだけ芽が出なかったみたいです( ;∀;)ずっと芽が出ないと言っていたんだけど、結局たくさん芽が出たお友達の間引きした目をもらったみたい・・・。なんだか長女らしい。

理科ではテレビを見ながら、芽の成長の仕方や、茎の中の様子などを観察しました。

総合は、ローマ字。aiueoの母音のお勉強をして、ローマ字表の穴埋めをしていました。うちでは公文英語とオンライン英会話をやっているのですが、けっこうこの母音が厄介。

親が説明しようとしても理解してくれないことにムキになっちゃうので、やっとローマ字!という気分でした(´・ω・)総合なので、どちらかというとこのローマ字のお勉強は、パソコンのキーを打ち込むときのためのお勉強のようでした。

授業内容はそんな感じだったのですが、実は長女のクラス、めちゃくちゃうるさかったです。思わず、教室の後ろから「うるさい!静かにしなさい!」と言いたくなるほど。

先生が黒板に字を書いていると「先生、見えませ~ん」とか、ちょっとプリントを配る間にも必ずしゃべる。1年生よりもひどいんじゃないかってくらい。どう見ても授業に集中できていない。

ほかのクラスものぞいてみたけど、教室はシーンとしていて誰もしゃべっていないんです。だから、まだ3年生だからというわけでもない。3年生なのにこれ。がっかりしました。

3,4年生って鬼門と言われるくらい大変だっていうのは聞いたことがあります。乱れるクラスは本当に乱れる。もしかしたらすでに乱れ始めてるのかも。

といっても授業中にしゃべったりしている子って数人なんです。でもそれが日常当たり前になってくると、まじめにやっている子もその雰囲気に慣れちゃって、それが普通になっていくのかな?なんて危機感を感じました。

先生には頑張ってもらいたいです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました